壁倍率2.5倍 国土交通省(旧建設省)認定品

工場風景
倉庫内のJパネル

国産材3層クロスラミナパネル

製品の構成、特徴等の説明

「木材」から「木質材料」への進化を・・・
Jパネルはこれからの「木」に求められる新しい性能は何かを考え、木が持つ本来の利点に加え、施工精度を飛躍的に高めた「エンジニアードウッド」です。壁、床など、住宅分野での構造材・造作材として、無限の可能性を広げる「多目的感性素材」という新しいコンセプトで開発され、すでに関連分野、業界誌等では高く注目され、紹介されているところです。

国産杉を使用した製品(構造用面材)として初めて大臣認定を受けたのも「Jパネル」です。
(協)レングスは、国産杉を積極的に活用することで、産業の活性化はもとより、環境・資源という広い視点で森林全体のいきいきとした循環の実現を基本理念として参りました。

Jパネル断面図
製品名 Jパネル(ジェイ・パネル)
用 途 構造用面材、床・天井・壁・野地などの仕上げ材、造付け家具など
特 徴

・国産杉を原材料とするため、触感的・視覚的特性に優れ、質感に暖かみが有る。

・製品内での含水率の変化が少なく、寸法安定性が良い。

・蓄熱保温性が高い。

・調湿性能が有る。

・シックハウス症候群に対応するため、ホルムアルデヒドを含まない水性高分子-イソシアネート系接着剤を使用している。

・昭和56年建設省告示第1100号第1第9及び第2第7の規定に基づく認定を受けている。(建設省静住指発第6号 平成12年3月21日)

・ハウスプラス確認検査㈱による床倍率/屋根倍率の性能評定を受けている。

・防火性能が有る。防火構造、準耐火構造の大臣認定を受けている。

構 成 ひき板の繊維方向を平行に幅はぎした板を、繊維方向を互いに直交させて(クロスバンド構造)、3層に積層接着する。

安定した品質

国産材の板を巾ハギしたあと、木材の繊維方向が直交するように3層を互い違いにクロスさせて貼り合わせています。これで反り・狂いといった木材の短所を改善し、安定した品質・精度を実現。クロスパネル化により強度を高めています。優良木質建材の証であるAQ認証品です。

断熱・蓄熱保温性能

木材、特に国産スギ材は断熱、蓄熱保温性に優れており、断熱材をサポートする役割を担っています。特に、蓄熱保温性能は他の素材では望めません。

調湿性能

吸湿、放湿性能は木材だけが持つ優れた性能であり、冬の過乾燥や梅雨時のジメジメを防ぎ、湿度を一定に調節し快適な室内環境を自然の力で生み出します。

健康・安全性能

シックハウス対策の安全な接着剤を使った健康に安心な素材です。F☆☆☆☆認定品(全木連登録番号:Z-00002)一般の構造用合板は薄いべニアを何層もの多量の接着剤で固めていますが、Jパネルは無垢の挽き板を貼り合わせているので接着剤の量も少量です。

耐震性能

Jパネルは耐力壁としても、床・屋根の水平構面としても使えます。耐震実験を繰り返し、耐力壁の国土交通大臣認定(旧建設大臣)も受けています。床剛性の性能も証明され、着実に地震に強い家づくりを進めています。新建材に頼らず強い構造を造り、同時に化粧仕上げにもなる構造用面材です。

防火性能

Jパネルは36㎜もある分厚いパネルです。防火実験により、厚い木材は火に強いことを証明してくれました。防火構造(外壁)と準耐火構造(床、屋根)の国土交通大臣認定を取得しています。

ソリューション

構造
壁倍率、床倍率、屋根倍率

建築現場

©Ms建築設計事務所

地震などに強い建物を造るときに地震や風の力に抵抗する強い壁(耐力壁)をバランスよく配置することが重要です。
また、阪神淡路大震災の調査などから水平構面を固める事も重要であることが分かってきました。
Jパネルはこうした強い構造体を造る為に実験等を行い、耐力壁の大臣認定や指定性能評価機関による水平構面の評定を取得し、構造用合板と同等以上の性能を有する面材であると証明されました。

大臣認定・性能評定

地域別
準防火地域内、22条区域内

地域区分マップ
防火地域

都市機能が集中している地域で、都市の中心市街地や幹線道路沿いの商業・業務地区など

準防火地域

防火地域の周辺の商業地域や業務地区および居住地区など

22条区域

防火・準防火地域以外の市街地の区域など

出典:一般社団法人木を活かす建築推進協議会「木造建築のすすめ」

市街地火災の危険を防ぐため都市計画法において「防火地域」や「準防火地域」が指定されています。また、特定行政庁が「22条区域」を指定しています。
建築基準法ではこれらの地域区分に応じた階数や規模を定め、建築物の構造を制限しています。

木造住宅の防火規制

防火地域
防火地域

●100㎥以上は建築不可。

●延床面積100㎥以内は、準耐火建築物とすれば建築可。

●木造3階建ては建築不可。

準防火地域
準防火地域

●延焼の恐れのある部分の外壁・軒裏を防火構造にする。

●準耐火建築物にする。

22条区域
22条区域

●延焼の恐れのある部分の外壁に準防火性能が必要。

防耐火
準耐火構造、防火構造

耐火実験1
耐火実験1

防火構造実験の様子

「防火規制のかかる市街地でも梁や柱といった木を現しにしたい」という多くのユーザーの思いに応えるべく、『JパネルQF』を使った「準耐火構造」や「防火構造」の大臣認定を取得しました。
これにより、準防火地域内の3階建て住宅や保育所、ケアハウスなどの非住宅にも木を現しにした建物が建てられるようになりました。
『JパネルQF』は準耐火構造、防火構造専用のJパネルで特別な加工をすることで防火性能を高めています。

防火構造・準耐火構造 大臣認定

ラインナップ

Jパネル
Jパネルロゴ Jパネルロゴ

杉 三層クロスラミナパネル

品番 樹種 サイズ
厚さ×
巾×
長さ(㎜)
材面 発注単位 材積(㎥)
S182BB 36×
910×
1,820
野物 1枚
から
0.0596
S182AB 36×
910×
1,820
片面
化粧
1枚
から
0.0596
S182AA 36×
910×
1,820
両面
化粧
1枚
から
0.0596
S200BB 36×
1,000×
2,000
野物 1枚
から
0.0720
S200AB 36×
1,000×
2,000
片面
化粧
1枚
から
0.0720
S200AA 36×
1,000×
2,000
両面
化粧
1枚
から
0.0720

※上記価格に運賃は含まれておりません。

※節・ビス用の埋木も別途ご用意できます。

※プレカット加工承ります。詳しくはお問い合わせください。

※S182BB、S182AB、S200BB、S200ABの品番が新しくなりました。(2010-03-29変更)

JパネルQF
JパネルQFロゴ JパネルQFロゴ

準耐火構造仕様および
防火構造仕様専用
三層クロスラミナパネル

品番 樹種 サイズ
厚さ×
巾×
長さ(㎜)
材面 発注単位 材積(㎥)
S182QF 36×
910×
1,820
片面
化粧
1枚
から
0.0596
S200QF 36×
1,000×
2,000
片面
化粧
1枚
から
0.0720
H182QF 36×
910×
1,820
片面
化粧
1枚
から
0.0596
H200QF 36×
1,000×
2,000
片面
化粧
1枚
から
0.0720

JパネルQFは、抜け節を下記のいずれかにて隙間の無いように補修してあります。
<木材、アクリル樹脂系接着剤、エポキシ樹脂系接着剤>

※施工については、それぞれ国土交通大臣認定書の別添を順守してください。 JパネルQF(2010-04-15更新)

Jパネル
Jパネルロゴ Jパネルロゴ

桧 三層クロスラミナパネル

品番 樹種 サイズ
厚さ×
巾×
長さ(㎜)
材面 発注単位 材積(㎥)
H182AB 36×
910×
1,820
片面
化粧
1枚
から
0.0596
H182AA 36×
910×
1,820
両面
化粧
1枚
から
0.0596
H200AB 36×
1,000×
2,000
片面
化粧
1枚
から
0.0720
H200AA 36×
1,000×
2,000
両面
化粧
1枚
から
0.0720

H182AB~H200AA 化粧面は上小無地同等品(埋木あり)

※受注生産品となりますので、納期はご確認願います。

※上記価格に運賃は含まれておりません。

※節・ビス用の埋木も別途ご用意できます。

※プレカット加工承ります。詳しくはお問い合わせください。

※H182AB、H200ABの品番が新しくなりました。(2010-03-29変更)

材面等級の比較

補修なし

[Bグレード] 補修なしタイプ

補修なし

[Aグレード] 化粧タイプ
(埋め木補修)

ページトップへ